紫外線の正しい知識と対策方法

taiyo

QLOOKアクセス解析

紫外線」というと、夏の強い日差しをイメージする方が多いと思います。

しかし、紫外線は1年中地球に降り注いでいるので、

その影響は年間通して及ぶのです。

夏が最も紫外線の強い季節ですが、

それ以外の季節も意外と紫外線が強いので日焼け対策は大切です。

紫外線は私たちの体に大きな影響を与えていますが、

実際どういうものがよくわからないという方が多いと思います。

地上に届く紫外線の強さや分量は、時間帯や季節、天候、

地域といった様々な条件で左右されます。

紫外線量は、3月頃から多くなり始めます。

9月を越えると紫外線量は再び減りますが、6月を頂点に

3月~8月は紫外線の季節といってもいいでしょう。

朝10時から紫外線の量は多く、3時までは要注意の時間です。

1日を通して見た場合、紫外線の少ない時間は日中はごくわずかです。

曇りの日は大丈夫に思いがちな紫外線ですが、

曇りの日も私たちの肌にかなりのダメージを与えています。

多くの人が、照りつける夏の太陽に肌をさらす時は

入念な紫外線対策を施していますが、春の温かい日や雲が空を覆っている日、

太陽光がさほど強くない日は紫外線対策をサボりがちです。

しかし、雲が出ていても実は日差しは2割程度しか減っていないのです。

予想以上に多くの紫外線がお肌に刺さっているといえます。

また、「ちょっとそこまでお買いもの」という時も、

紫外線対策はしておきましょう。

毎日欠かさず紫外線対策を行うことで、

常にきれいなお肌でいつづけることができますし、

10年後には大きな差が出てきます。

その日にどのくらいの紫外線があるかアンテナを張っておくということが重要です。

紫外線を受けないためには、紫外線カット効果のある帽子や日傘の存在が役立ちます。

UVカット効果があるカーディガン、帽子、サングラス、

手袋など、最近は実に多くのものが売り出されています。

これらのアイテムをしっかり利用するようにしましょう。

天気が悪くても、日に当たる時間が短くても、

お肌は着実に紫外線の効果を受けていますので、日焼け止めクリーム、

SPF指数の高いファンデーションなどを利用しましょう。

シミになってしまってからでは後悔しますよね。

ただ、紫外線は悪い面ばかり目につきますが、

実は皮膚の免疫能力を維持させる働きもあります。

また殺菌効果もあり、お布団を干すと気持ちよく寝られたりします。    

このように紫外線にはメリット、デメリットがありますが、

それらをご紹介したいと思います。

紫外線の情報を集めていたら、ほうれい線のサイトが目につきました。

やはり美容のことって気になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加