ある日突然紫外線アレルギー

紫外線を浴びた時に湿疹が出やすい方は、もしかして、

紫外線が原因はないかと疑ってみましょう。

今までは紫外線を浴びても何でもなかったのに、ある日突然、

紫外線を浴びてから湿疹などが出たとしたら、紫外線アレルギーを疑ってみましょう。

そもそもアレルギー(Ⅰ型アレルギー)はある日突然やってくるものです。

例えば花粉症の場合、いままでは何でもなかった春先のスギ花粉(アレルゲン)でも、

毎年、または毎日少しずつ吸い込むことによって、

花粉(アレルゲン)に対抗して身体を守っていた『抗体』が一定量を超えてしまった時、

それがアレルギー症状となって突然、現れてくるのです。

紫外線アレルギーも同じなのです。

紫外線を続けて浴びていると、

紫外線(アレルゲン)に対して、身体に抗体が作られます。

すると、紫外線を浴びるたびに抗体を作って、

紫外線(アレルゲン)から身体を守ろうとします。

そして抗体が一定量を超えた時に、アレルギー症状(湿疹・痒み)が突然出るようになります。

一度、抗体が一定量を超えてしまうと、その後は紫外線を浴びるたびに、

アレルギー症状が出るようになってしまうのです。

このような可能性は十分、考えられるのです。

子供の頃は紫外線を浴びても湿疹なんて出なかったのに、

大人になって急に出るようになった場合、それは抗体が一定量を超えてしまって、

紫外線アレルギーと呼ばれる症状が出ているのかもしれないのです。

紫外線アレルギーになってしまうと、花粉症アレルギーと同様に、

完治することはなかなか難しいのが現実です。

どのアレルギーも同じことですが、まずは症状が出ないように

アレルゲン(花粉・紫外線など)に触れないこと。

これが非常に大切なことです。

花粉症アレルギーであれば花粉を吸い込まないようにします。

紫外線アレルギーであれば日焼け止めを塗ったり、長袖を着たり、

帽子を被ったり、日傘をさしたりと、とにかく直接、

紫外線を浴びないようにすることが、アレルギー症状を出さないようにする

基本的な予防法なのです。

それでも紫外線を浴びてしまって湿疹が出たり、

痒みが酷い場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。

皮膚科での治療は症状によって異なり、症状が軽ければ非ステロイド剤の

塗り薬を処方されるかもしれませんし、症状によってはステロイド剤の塗り薬、

痒み止めの飲み薬(抗アレルギー薬)が処方されるかもしれません。

ステロイド剤を塗れば、おそらく湿疹も簡単に治るでしょうが、

ステロイド剤はあくまでも“対処療法”です。

ステロイド剤を塗らなければ、

湿疹が再発する可能性もありますし、ステロイドによる副作用も気がかりですので、

そのあたりを考えて治療を行っていくことが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加