紫外線が目の病気を引き起こす?

sun-glass

紫外線(日光)を浴びると皮膚がん、シミ、シワなど、

『皮膚(お肌)』に関連する悪影響(害)を思い浮かべますが、

それらと同じくらい注意しなければならないのが

『白内障(はくないしょう)』などの眼の病気です。

紫外線量の多い地域に白内障患者が多い事も分かっており、

WHO(世界保健機関)によると、白内障の約20%は

紫外線が原因だと報告していますので、

紫外線が白内障と深く関わっていることは疑いようの余地がないのです。

ではなぜ紫外線を目に浴びると白内障の原因となるのでしょうか?

白内障とは、眼球の水晶体が濁って、視力が低下し、

最悪、失明してしまう眼の病気のことで、白内障による失明者のうち、

約2%が紫外線が原因で失明しているといわれています。

紫外線以外の白内障の原因とされているのは、目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、

ステロイド剤・抗精神病薬などの薬の副作用、栄養失調、遺伝、放射線や赤外線照射、

ぶどう膜炎などの眼の病気などがあります。

ではなぜ紫外線が白内障の原因になってしまうのでしょうか?

水晶体はタンパク質と水分で構成されていて、透明で弾力性があります。

カメラで言うとレンズの役割をしています。

しかし加齢や紫外線などによって透明な水晶体がにごったりして弾力性が低下すると、

視力が低下して物がぼやけて見えたりします。

最悪の場合、失明してしまうこともあるのです。

紫外線が白内障と深く関わっているといいましたが、

白内障の最も大きな原因は紫外線ではなく『加齢(老化現象)』です。

歳を重ねるごとに水晶体の弾力性が低下して、にごってしまいます。

こればかりは人間の老化現象なので仕方ありません。

白内障の症状としては、目のかすみ、明るい場所だとまぶしい、

物がぼやける、物が2重3重に見える、視力が低下すなどがあります。

程度によって症状は異なっていて、症状が進行するスピードは10年、

20年かけてゆっくり進行していくことが多いです。

紫外線が直接の原因ではないとしても、紫外線を浴び続けるのは要注意です。

そして上記のような症状が出たら早めに眼科で診察を受けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加