髪は紫外線のダメージを受けている

目に見えない紫外線。夏の日差しに恐怖を感じている女性は多いと思います。

紫外線は肌だけでなく髪や頭皮にも降り注ぎ、ダメージを与えています。

それが年齢に関係なく起きる「光老化」です。
「まだ若いから老化なんて関係ない」と思っているあなた! 

紫外線はダメージヘアだけでなく、抜け毛・薄毛・白髪を

引き起こす原因になることもあるんです。

今すぐ、紫外線から髪と頭皮を守り、光老化を食い止めましょう。

髪と頭皮の光老化とは?

光老化とは、紫外線によって引き起こされる老化現象です。

肌の日焼けもそのひとつです。

髪は肌よりも多く紫外線を浴びるといわれていますので、現れやすいということになります。が、髪と頭皮の紫外線対策をしている女性は少ないように思います。

では紫外線がどのようにして光老化を引き起こすのでしょうか?
紫外線は太陽光線の一部です。

紫外線は、英語でUltravioletと表記するためUVと表記され、

波長によってUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられます。

このうちUV-C波はオゾン層によって遮られているため、地上には届きません。

一般的に紫外線やUVと呼ばれているのは、UV-A波とUV-B波です。
UV-B波はUV-A波よりも波長が短く、エネルギーが強いので、

肌が赤くなるなど日焼けの原因となります。

UV-A波は波長が長いため、エネルギーはUV-B波ほど強くはありませんが、

UV-B波よりも多く地上に到達し、ガラスなども透過して、肌の奥に入り込んで、

細胞にまでじわじわと影響を与えることがわかっています。


紫外線が抜け毛・薄毛・白髪の原因に!?

光老化の顕著な例は、髪の日焼けでしょう。

紫外線が毛髪の内部にある毛髪を黒くしている色素であるメラニンを分解することで、

赤茶色っぽい焼けたような髪色にさせてしまいます。

光の当たり具合によっては、白髪が増えたような印象を与えてしまうこともあります。

毛髪はケラチンというタンパク質でできていますが、

紫外線は毛髪のタンパク質を構成しているシスティン結合を切断してしまいます。

これにより、枝毛・切れ毛・さけ毛などダメージヘアの原因となります。
目には見えませんが、紫外線は細胞にも悪影響を与えます。

毛母細胞が紫外線のダメージを受けると、その働きが衰えて、

抜け毛・薄毛・白髪の原因になることがあります。

太陽に近い頭頂部や、日焼けしやすい分け目から薄毛になるケースが多いのは、

紫外線の影響が大きいのではないかと考えられています。

また白髪は、毛根を包んでいる毛包にある色素幹細胞が紫外線のダメージを受け、

DNAが損傷することで発生するとされています。
このほかにも、ヒトが紫外線のダメージを強く受けた場合、

体内の活性酸素が増加し、細胞の働きが低下してしまうこともあります。

当然、毛母細胞も例外ではなく働きが衰え、抜け毛・薄毛・白髪につながることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加