皮膚病に治療に紫外線が使われるわけ

地上に暮らす生物にとって、太陽のない生活はありえません。

我々にとって太陽光線は、食物連鎖の出発点である植物の光合成や

骨を作るのに必要なビタミンD3の合成から、

地球環境にやさしい未来のエネルギー源に到るまで、

あらゆる方面で恩恵を与えてくれます。

その一方、最近の光生物学の進歩がこれらのメリットとともに

発癌性や光老化に代表されるデメリットといえる面も明らかにしてきました。 

人の体で、日光があたる部位は主に皮膚です。

皮膚は日光を浴びることで様々に影響を受けて変化します。

薬を服用していたり、化学物質にさらされる機会のある人のなかには、

日光を浴びると皮膚炎を起こす人もいます。

そのほか体質的に日光に対して過敏な人もいます。

日光、特に紫外線について

日光は波長により、長い方から赤外線、可視光線、紫外線に大別されます。

このうち最も皮膚に影響を与えるのは一番短い波長の紫外線です。

強い直射日光に当たってしばらくすると皮膚が赤くなってヒリヒリする、

さらに時間がたつと黒くなる、といった変化はほとんどが紫外線によるものです。

さらに紫外線も長い順に長波長紫外線(UVA)、中波長紫外線(UVB)、

短波長紫外線(UVC)に分けられます。

UVCは最も波長の短い光線で、普段は地上25Km付近に存在する

オゾン層により吸収されて、地上には届きません。

仮にUVCが皮膚にあたった場合、表面までしか届きませんが、

UVA、UVBに比べると遙に皮膚癌のリスクを高める危険な光線です。

近年ではフロンガスによるオゾン層の減少によりUVCによる

皮膚癌発生の危険性が懸念されています。


日光に当たると良くなる病気

日光に当たると良くなる皮膚病の代表は乾癬とアトピー性皮膚炎です。

そのどちらも、背景には紫外線による皮膚の細胞増殖抑制、

免疫抑制効果が働いているといわれています。

特に乾癬については昔から日光が効果的であることは知られており、

カスピ海沿岸では乾癬患者が保養と治療をかねて日光浴をするほどです。

ただし、日光浴のしすぎでひどい日焼けを起こしてしまった時に

そのあとに乾癬ができてしまう事があります。

日光浴が効くからと言ってあまり一度に急激な日焼けをするのは避けましょう。


アトピー性皮膚炎に日光浴が良いことは特に北欧で言われてきました。

ところが、日常診療において日光はアトピー性皮膚炎には良くないと

思っている方は多いようです。

日光浴で増悪するのは太陽光線に含まれる赤外線による温熱効果によることが多いのです。

急激な日焼けは避けて、濡れタオルなどで冷やしながら

徐々に日光浴を行うことで赤外線の熱を取り、

紫外線の免疫抑制効果により過剰な皮膚のアレルギー反応を抑えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加