肌の老化の原因となる紫外線

5月から9月にかけては、紫外線(UV)が多くなる季節です。

紫外線といえば顔などにできるシミが知られていますが、

紫外線の影響はそれだけではありません。

男性、とくに中高年の方は、紫外線の影響など考えたことがないかもしれません。

でも、夏になると顔や頭、手などに湿疹が出たり、かゆくなることはありませんか。

あるいは風邪をよくひいて体調を崩しやすい、といったことはないでしょうか。

こうしたことの原因が、紫外線ということもあるのです。

私たちに影響を及ぼす紫外線には、波長の長いUV-Aと波長の短いUV-Bがあります。

どちらも日焼けを起こし、シミなどの原因となりますが、

肌の老化を促進させやすいのがUV-Aです。

UV-Aは肌の深部(真皮)にまで届き、細胞中のコラーゲンなどを破壊し、

肌の弾力性を低下させます。その結果、シミだけでなく、

シワやたるみなどの「光老化」を引き起こします。

肌の老化は、加齢によるものよりも光老化の影響のほうが大きいといわれるだけに、

アンチ・エイジングにはUV-A対策が大切です。

ただし、実際にケアするにはUV-AとUV-Bを区別してはいないと思うので、

ここではまとめて紫外線ケアとして紹介します。

紫外線は晴れた日だけでなく、曇りの日でも降り注いできますし、

窓ガラスから室内にも入ってくるので油断できません。

また、紫外線は海辺に多い感じがしますが、じつは山や高原でも要注意です。

高度が1000m上がるごとに紫外線は10%以上増えます。

とくに空気の澄んだ日には、紫外線が数十%も増加することがあります。

もう1つ気をつけたいのは、紫外線が来る方向です。

上空からの直射光だけでなく、空気の粒子などに当たって広がる散乱光や、

地面からの反射光としても入ってきます。

私たちが浴びている紫外線の60%は散乱光によるものです。

直射光は日傘や帽子で防げますが、散乱光や反射光は横や下からも入ってくるので、

顔や首、手などはUVケア(日焼け止め)クリームでしっかりガードする必要があります。

洋服や日傘の色は、黒などの濃い色ほど紫外線を防ぐ効果が高くなります。

その反面、濃い色は熱がこもり、夏バテや熱中症の原因になる可能性もあります。

濃い色の服や日傘を選ぶ場合は、風通しの良い素材にしましょうね。

素材面では、紫外線をよく防ぐのはポリエステルで、

夏に多い綿は意外なほど紫外線をとおします。

好みの違いもありますが、紫外線ケアにはポリエステルが良いことは知っておきましょう。

また、睡眠不足や喫煙習慣などがあると、肌細胞の修復力が低下し、

シミやシワなどができやすくなります。

光老化の予防には、日頃から健康的な生活を心がけることも忘れずにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加