紫外線対策でぜひ摂りたいビタミン類はこれ!

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。

この活性酸素は人間の健康、美容にとって大敵となります。

発生した活性酸素を抑えるためにはどのような食生活(栄養素)が効果的だと思いますか?

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEが特に効果的といわれています。

ビタミンBは美容に効果的な栄養素として有名です。

特にビタミンB2は健康なお肌や髪の毛を作るには欠かせないだけでなく、

がん予防にも効果的だとされていますので、

皮膚癌予防にも効果的な栄養素だと言えますね。

ビタミンB2が含まれている食品には、レバー、卵、

魚介類(うなぎ・さんま・かれい・ぶり)、大豆(納豆)、

乳製品(牛乳・ヨーグルト)、葉菜類(ほうれん草・モロヘイヤ・アボガド)などがあります。

ビタミンCには抗酸化作用、つまり発生した活性酸素を除去してくれる作用が

期待できますので、紫外線を浴びて発生した活性酸素をやっつけてくれ、

皮膚ガン予防にも効果的な栄養素です。

またビタミンEの働きにもビタミンCは欠かせないので、

ビタミンEを摂取する時は同時にビタミンCも摂ることが大切なのです。

ビタミンCが含まれている食品には、果物類(オレンジ・レモン・アセロラ・いちご)、

野菜類(ブロッコリー・カリフラワー・ほうれん草・ピーマン・キャベツ

・大根の葉・赤ピーマン)、イモ類(じゃがいも・さつまいも)などがあります。

ビタミンCを摂るときに注意しておきたいのは、ビタミンCは水溶性なので、

水で調理すると水の中に溶け出してしまいます。

また熱を加えて調理するとビタミンCが壊される可能性があるので、

ビタミンC食材を調理する際には注意が必要です。

ただジャガイモなどのイモ類のビタミンCは調理しても

ビタミンCが壊されにくいといった特徴があるので、

ビタミンCを摂るのなら、意外かもしれませんが、じゃがいもが最もおすすめです!

最近はビニール栽培などによって1年中、どんな野菜も食べることができますが、

それでもやはり旬の野菜ほどビタミンC含有量が多くなるので、

できるだけ夏には夏野菜を、冬には冬野菜を食べるようにしましょう。

ビタミンEはビタミンC同様、活性酸素を除去してくれる代表的な

抗酸化作用がある栄養素で、お肌の美容には欠かせない栄養素です。

またビタミンCはビタミンEの吸収を助けてくれるので、

ビタミンEを摂るときはビタミンCと一緒に摂ると効果的です。

ビタミンEが含まれている食品は、大豆(大豆油)、

植物油(ひまわり油・オリーブ油・コーン油・サフラワー油)、小麦胚芽、玄米、

胚芽米、ごま、落花生(ピーナッツ)、アーモンド、

鶏卵、魚介類(うなぎ・たらこ・さんま・たい)、ほうれん草などがあります。

ただ、上記の食品類は酸化すると逆効果となりますので

新鮮なうちに食べるようにするのがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加